支払い設定なしでGoogle広告アカウント作成

Y様ありがとうございます!

ポイントはこちらです。

そして、支払いは「日本円」に変更

エキスパートモードに変更し

ツールと設定から「キーワードプランナー」を利用できます。

そもそも入り口の段階で、「設定ガイドをスキップ」すると良かったかもです。

クリエイターの就職活動には欠かせないポートフォリオ

現時点で「ポートフォリオ」と検索すると、マイナビクリエイターの記事がトップで表示されます。クリエイターの就職活動には欠かせないものです。

職種にもよりますが、クリエイターの実務経験のアピール方法において、ポートフォリオ以上に適切な資料はありません。面接の前、つまりエントリーの段階で、履歴書・職務経歴書と並んで、事前にポートフォリオの提出を求める会社も数多くあります。このような会社では、まずポートフォリオがなくては、書類選考すら突破することはできません。応募書類の山に埋もれることなく面接に進むためには、魅力的で読み手に強い印象を残す、自分の代弁者としてふさわしいポートフォリオを作成する必要があるでしょう。

少なくともサイト制作スキルをアピールするには、就職活動での応募書類として必要なのは「履歴書」「職務経歴書」が通常のところ、追加でのアピールとして「ポートフォリオ」が必須です。

ポートフォリオの教材として市販のものもありますが、Webに関しての記述は少なく、また変化の激しい業界ですので適切なものはありません。

過去作品としてご参考ください。

採用担当者の目に留まるには、ポートフォリオの重要性を踏まえた上での見せ方が必要となります。職業訓練生の場合は、大学・専門学校等での学習を終えた方々とは違う見せ方が不可欠です。

  1. 前職での業務経験を前提とした+αのWeb制作スキル
  2. 社会経験
  3. クライアント目線

Web系の目に留まる求人には、新卒・専門卒の方々はもちろん、職業訓練卒の応募者が多数応募されていますので珍しい訳ではありません。しかし、学習した内容は様々ですので成果としてのポートフォリオの存在は、採用担当者にとっても有難いものです。

Illustratorで大事なトレース技術

ILLUSTRATORでは、トレース技術が大事です。撮影した画像や下書きなどから、描き出したい輪郭をなぞって描けるようにしてみましょう。

Chromeアドレスバーに「保護されていません」と警告表示が出る

Google Chromeを利用していると、赤文字で「保護されていません」という警告表示が出ることがあります。
この「保護されていません」という表示は、Webサイトから送られる通信が暗号化されていない(Webサイトから送られる情報が第三者から読み取られてしまう可能性がある)ということを示しています。
いちばん分かりやすい違いは、Webサイトのアドレスが「http://」で始まるか「https://」で始まるかです。
それに対して、「https://」の「s」は、セキュリティの「s」です。httpの後に「s」が付いている場合は、Webサイトから送られる通信が暗号化されていて、第三者から情報が読み取れない状態です。ですので、Googleはhttpsを用いたセキュリティー強化を推奨しています。

Googleはhttpsを推奨しているところです。

Photoshopで「要求された操作を完了できません。メモリ(RAM)が足りません。」との表示でパニック

特に重そうなファイルでもないのに、Photoshopで保存時に「メモリ不足」との表示…。

他のマシンでの症状が確認できていなかったので、調べてみるとWindows10 updateの影響で一部の環境ではエラーが発生するとのこと。Adobe公式のフォーラムから解決することができました。

具体的作業手順はこちら

とはいえ、『レジストリをいじる』操作が含まれますので、作業が難しいと感じた場合は有識者の方やPCメーカー様等のサポートを受けて作業することを推奨いたします。

教室で遭遇した場合は、講師までお声掛けください。

thとtdのalign(揃え)デフォルト値

Table要素の子要素として使うth・td要素ですが、実はテキストを左揃え・中央揃えにするかのデフォルトの値が二つで違っています。
th・td要素の文字揃えを統一したいときは、以下の図を参考にCSSを指定しておいてください。

属性 説明
text-align="" left 左寄せで表示td要素の初期値
center 中央揃えで表示th要素の初期値
right 右寄せで表示
justify 両端揃えで表示
vertical-align="" top 上揃えで表示
middle 中央揃えで表示tdとthの初期値
bottom 下揃えで表示
baseline 1行目をベースラインで揃える