連想配列の操作

通常の配列の場合、数字を添字(キー)としますが、連想配列の場合は添字(キー)を文字列にすることができます。

<?php
  $customer = ['1','熊木','新宿区','kumaki','BearTree1'];
  echo '配列の1番目は';
  echo $customer[0];
  echo 'です。<br>';
  echo '配列の3番目は',$customer[2],'です。<br>';
?>
<?php
  $customer = [
    'id'=>'1',
    'name'=>'熊木',
    'address'=>'新宿区',
    'login'=>'kumaki',
    'password'=>'BearTree1'
  ];
  echo '連想配列の添字「id」は';
  echo $customer['id'];
  echo 'です。<br>';
  echo '連想配列の添字「address」は',$customer['address'],'です。<br>';
?>

配列の管理が容易となるように、連想配列が入れ子(ネスト)になる多次元配列もあります。下記では連想配列の添字「id」ごとに情報がまとめられています。

<?php
  $customer= [
    '1' => [
      'name'=>'熊木',
      'address'=>'新宿区',
      'login'=>'kumaki',
      'password'=>'BearTree1'
    ],
    '2' => [
      'name'=>'鳥居',
      'address'=>'神奈川県',
      'login'=>'torii',
      'password'=>'BirdStay2'
    ]
  ];
  echo '連想配列の添字「2」の「name」は';
  echo $customer[2]['name'];
  echo 'です。<br>';
  echo '連想配列の添字「2」の「address」は',$customer[2]['address'],'です。<br>';
?>

配列の追加は添字(キー)を指定し実行することもできます。

<?php
  $customer= [
    '1' => [
      'name'=>'熊木',
      'address'=>'新宿区',
      'login'=>'kumaki',
      'password'=>'BearTree1'
    ],
    '2' => [
      'name'=>'鳥居',
      'address'=>'神奈川県',
      'login'=>'torii',
      'password'=>'BirdStay2'
    ]
  ];

//配列の追加を添字(キー)を指定
 $customer[3] = [
    'name'=>'鷺沼',
    'address'=>'大阪府',
    'login'=>'sginuma',
    'password'=>'EgretPond3'
 ];
  echo '連想配列の添字「3」の「name」は';
  echo $customer[3]['name'];
  echo 'です。<br>';
  echo '連想配列の添字「3」の「address」は',$customer[3]['address'],'です。<br>';
?>

print_r関数で配列を表示することができますので、活用してみましょう。その際は、前後の行にpreタグを記述すると改行が入り見やすくなります。